プロポリス専門のディオーネ > プロポリスの歴史

プロポリスの歴史

紀元前数百年~数千年前 古代エジプトの僧侶が使用ミイラの防腐剤の役目にプロポリスを使っていた。かのクレオパトラも愛用していたと考えられている。古代ギリシャ人が使用しだしプロポリスと命名する。古代ローマの兵士も使用したとある。
紀元前300年頃 アリストテレス(ギリシャの哲学者でプラトンの弟子)の著書『動物誌』でプロポリスに言及している。
紀元前100年頃 有名なラテン学者バロンは、詩人ベルギリウス(ローマの詩人)と同様に、著書にプロポリスについて記している。
西暦紀元初期 ローマのプリニウス(博物誌37巻を著す)、ギリシャの医学者ディオスコリデスの書物にプロポリスについて記されている。
2世紀頃 有名なギリシャの医学者ガレノスの論文にプロポリスについて記している。
11世紀頃 著名なイランの哲学者アビセンナは、書物にプロポリスの使用方法を記述している。
12世紀頃 グルジア(旧ソ連の一共和国)の書にも、プロポリスを使用した記述が記載されている。
16世紀頃 インカ族(スペインに征服されるまで南米ペルーを支配していたインディアン)はプロポリスを使用していた。
17~18世紀頃 バイオリンの名器、ストラディバリウスにプロポリスを混ぜたニスが使われた。(保存と、共鳴機能向上のために使用したのか)
18~19世紀頃 フランス、又、南アフリカのボーア戦争(英国とボーア人との戦争)で利用されていた。
1956年 ブラジル南東部にアフリカミツバチが導入され、セイヨウミツバチと交雑し、今日の「アフリカ蜂化ミツバチ」を形成。
1970年頃 西ドイツ(当時)、フランスなど西欧諸国に加えて、1970年頃からロシア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロバキアなどの東欧諸国のほか、中国などでも盛んに研究がされ始めた。
1972年 第一回国際プロポリス・シンポジウムがチェコスロバキアで開催。
1980年 西ドイツ(当時)のハーブステン博士がプロポリスの主作用はフラボノイドにあると発表。
1985年 第30回国際養蜂会議が名古屋で開催。各国の研究者によるプロポリスの発表がされる。プロポリスの存在が日本国内の養蜂家に広く認知される。
1991年 国立予防衛生研究所(現在は国立感染症研究所)松野哲也室長が第50回総会で、プロポリスの成分を発表。これを機に日本でも盛んにプロポリスの研究が行なわれるようになる。

参考文献:フランスのイヴ・ドナデュー博士の『自然療法におけるプロポリス』他。